【草加やまとの湯コラム】疲労回復に試してほしいサウナ入浴のコツ!

最近サウナが注目を集めているってご存知でしたか?90年代前半に空前のブームが巻き起こったサウナ。実は、そんなサウナに再びブームが巻き起こっているのです!テレビや雑誌でたびたびサウナの魅力が取り上げられ、有名歌手やアイドルなどもサウナ好きを公表するほど多くの人がその魅力にはまっています。

 

サウナ

 

もちろん「草加やまとの湯」も例外ではなく、高温サウナ・スチームサウナ・塩サウナなど、多種多様なサウナが一度に楽しめる人気スポットとして、連日多くのお客様に足を運んでいただいています。

 

そこで今回は、“サウナの効果・効果的な入浴方法”についてご紹介します。ぜひこれを機に、サウナーデビューしてみてはいかがですか?

サウナの魅力とは?

サウナの魅力

 

サウナにはたくさんの効果・効能があると言われています。美容効果・ストレス発散・ダイエット効果などなど……その中でも特に【疲労回復効果】には定評があり注目されています。疲労といっても肉体疲労・神経疲労など様々ですが、概ね全ての疲れに効果的なのがサウナ最大の魅力。プライベートの悩みや家事、育児の疲れ、職場環境による疲労など、ストレス社会で生きている現代人にとってサウナは必須!日々の疲れを癒すにはもってこいのリラックススポットです。

 

それではこれから、サウナの様々な効果についてご紹介します。

 

効果1.疲労回復

日々蓄積されていく“疲れ”でお悩みの方はぜひサウナへ!サウナに入ることで、血行が促進され、自律神経機能が向上します。自律神経機能が向上することで、身体に溜まった疲れを回復させたり、肩こり、腰痛、頭痛の解消などの肉体疲労に効果的だと言われています。また、サウナには“疲れにくい身体を作る”という夢のような効果も。「疲れを癒して強い身体を作る」サウナには疲労回復効果がいっぱいです。

効果2.美容効果

サウナは美容効果も抜群!特に肌荒れや便秘でお悩みの方はサウナを試す価値ありです。
サウナに入ることで、大量の汗をかきます。汗をかくということは皮脂腺が活性化されているということ。皮脂腺が活性化することで毛穴に詰まった汚れや皮脂が排出されます。これがいわゆる老廃物です。
初めのうちはベタベタしていた汗も、しばらくするとサラサラの汗に早変わりします。これが「老廃物を出し切った」というサイン。美肌効果がサウナには期待できるという訳ですね。

効果3.冷え性改善

冷え性でお悩みの方にもサウナは効果的!身体の芯から温まることができるサウナには、冷えて収縮した血管を温め拡張させる効果があります。指先などの末端の冷え、身体全体の冷え、内臓の冷えなどありとあらゆる冷え性に効果的。慢性的な冷え性でお悩みの方の多くが、サウナでの体質改善を実現しています。

効果4.安眠効果

サウナに入って血行が良くなると、心地の良い疲労感を得ることができます。まさに適度な運動後のような疲労感です。程度な疲労感には、安眠に誘導する効果があるので、不眠症、運動不足でお悩みの方にも効果的。更に、サウナに含まれる蒸気にはマイナスイオンやリラックス効果をもたらす作用があるので、非常に心地の良い睡眠を得ることができるのです。

 

 

サウナ入浴|6つのコツ

女性にうれしいサウナ

 

サウナで得られる4つの効果を知ったところで、次は「どのようにして入浴すれば効果的か」ということをご紹介していきたいと思います。効果的な入浴方法を知って、健康を手に入れましょう!

コツ1|十分に水分を取ってから入浴する

当たり前のことですが、お風呂やサウナにはいると大量の汗をかきます。短時間で大量の汗をかくと、めまいや頭痛など、脱水症状にかかってしまうことがあります。せっかくの楽しい入浴時間です。まずは準備として、十分に水分を取ってからお風呂に入るようにしましょう。

コツ2|しっかりと身体を洗いましょう!

サウナに入る前に必ず行いたいこと。それは、身体をしっかりと洗うことです。もちろん、施設への配慮や周りの利用者へのマナーのためですが、先に身体を洗うことで、汗が出やすい身体にするためでもあります。まずは、かけ湯→身体を洗うという順番を守ることが大事です。

コツ3|サウナ初心者は短時間からでもOK

普段あまりサウナを利用されない方なら「暑くて耐えられない」と感じるかもしれません。あまり我慢して長い時間サウナに入ると、脱水症状や熱中症の危険性があります。初めのうちは3分〜5分で十分です。慣れてきたら徐々に時間を伸ばして行くとよいでしょう。

 

 

次からご紹介する入浴方法は中級者〜上級者向けのものです。慣れないうちは無理せず、ご自身のペースで入浴するようにしてください。

コツ4|低温長時間浴

低温長時間浴は「ストレス」に悩む方におすすめの入浴法です。60℃〜70℃のサウナに15分程度の長い時間をかけて入るサウナのことを低温長時間浴と言い、ゆっくりと身体を温めることで、自律神経の働きが向上。リラックス効果、安眠効果、ストレス発散効果など、身体の中身に働きかける効果を得ることができます。

コツ5|高温短時間浴

90℃〜100℃のサウナに5分〜10分程度の比較的短い時間、入浴する方法のことを言います。暑い環境に身を置くことで、皮膚が刺激され、一瞬で大量の汗をかくことができます。特に「肉体疲労」でお悩みの方におすすめの入浴方法で、高温サウナに入る→水風呂に入る→高温サウナに入る→水風呂に入る……を繰り返すと、効果的に疲労回復効果を得ることができます。

 

また、サウナに入る前にお湯で身体を温めることをおすすめします。理由としては、身体を温めサウナに入ることで、発汗作用が高まり、短い時間でより多くの汗を流すことができるからです。
ぜひ肉体疲労でお悩みの方は一度お試しください。

コツ6|サウナ後はしっかりと栄養&水分補給

サウナで汗を流したということは、体内から大量の栄養&水分が排出されたということ。そのままの状態で何もせずに放っておくと大変危険です。入浴後には栄養価の高いものを食べる、スポーツドリンクなどで水分補給を行うなど、しっかりとアフターケアすることがポイントとなってきます。

 

 

サウナにまつわるトリビア

サウナトリビア

 

巷ではサウナにまつわる都市伝説的な噂が流れています。ここでは、代表的なサウナにまつわる噂についてご紹介。正しい知識を持ってサウナを楽しみましょう。

サウナはガンに効くって言われているけど本当?

サウナでガン予防ができるなんて想像もつきませんよね?実はガン細胞というのは、39.3℃以上で死滅すると言われています。すなわち、サウナで身体を温める(体温が40℃以上になる)ことで、ガンの予防ができるという訳。健康効果+ガン予防。サウナには効果・効能がいっぱいですね。

熱があるときにサウナに入ると効果的?

「風邪で熱があるときはサウナに入ると効果的だ!」というお話があります。実はこれは絶対NG!!!“熱がある=身体が弱っている”状態です。そのような状況でサウナに入ってしまうと、大変危険。サウナ熱による刺激や水分が出ていくことで起こる脱水で、体調を更に悪化させてしまう可能性があります。「体調がすぐれないな……」と心当たりがある方は、サウナに入ることはやめましょう。

 

 

サウナで健康を!継続することが大事!

ルウリュウ

 

いかがでしたか?サウナには様々な効果・効能があるということがわかって頂けたかと思います。疲労回復・美容効果・冷え性改善など、多くの健康効果が得られるのはサウナ最大の魅力。今回ご紹介した「入浴のコツ」を取り入れて、更に効果的に健康を手に入れましょう。

お知らせ一覧へ戻る

常連さん必見!
\やまとの湯のお得な情報が定期的に届きます/

友だち追加

サービス

温泉 お食事
マッサージ アカスリ ネイル・まつげエクステ カットサロン
館内地図 よくある質問

▲ PAGE TOP