【草加やまとの湯コラム】日帰り温泉イザというときも安心!あると便利な持ち物リスト

日帰り温泉へ出かける際に何を持って行こうか迷ってしまうことがありませんか。
草加やまとの湯では、シャンプーやボディソープのアメニティを用意しています。またバスタオルややフェイスタオルも清潔なレンタルを用意しておりますので、気軽にお越しいただけます。今回はさらに日帰り温泉を楽しみたい方におすすめのあると便利な持ち物リストを紹介したいと思います。

日帰り温泉持ち物

 

 

温泉バッグ

 

日帰り温泉をよく利用されている人の中で、購入率が高いアイテムと言えば「温泉バッグ」です。温泉バッグというのはバッグの底がメッシュになっているため、シャンプーやボディソープなど持参したアイテムが濡れても、水切りができるよう底がメッシュになっているバックの事です。外側はビニールバッグ、中はメッシュバッグになっている2重構造のバッグ、バッグの中が見えにくいキャラクターなどのデザインものなど多彩な「温泉バッグ」があります。

 

 

ボディタオル

せっかく温泉に来たのですから、気分のリフレッシュはもちろん体もきれいに洗ってすっきりしたいですよね。つい入浴優先で忘れがちなのが「ボディタオル」です。ゴシゴシ洗うのが好きで肌触りも粗めのほうが好きな方もいらっしゃると思いますが、できればナイロン素材など石油系原料の入っていない「ボディタオル」のほうがおすすめです。綿、絹など様々な素材があり、使用感も肌にやさしいものから、しっかり洗いたい方にぴったりの肌触りの素材の「ボディタオル」もあります。ぜひ店頭で手触りを確かめてから購入されることをおすすめします。

 

 

タオル

日帰り入浴で忘れてはいけないのが「タオル」です。どんな「タオル」を持って行くか迷ったら、「バスタオルとフェイスタオル」または「薄手の大判タオル」を2枚用意しておくと良いでしょう。なるべくなら吸収速乾など早く乾きそうなネーミングにとらわれず、綿やガーゼ素材などこちらも石油系原料を使わない素材がおすすめです。

 

 

ヘアドライタオル

「ヘアドライタオル」は、お風呂上りに早く髪を乾かすだけでなく、ゆっくりお風呂を楽しみたい時に髪から冷えないように使う方法もありますので、ぜひ日帰り温泉を利用される場合には持って行きましょう。髪が長い方は「ヘアゴム」で髪をまとめると髪を気にせず入浴ができますよ。

 

 

クレンジング・洗顔料

日帰り入浴で忘れがちなのが「クレンジング・洗顔料」です。メイクをされている場合には、ダブル洗顔のアイテムを使うと荷物が少なくてすみます。お風呂の蒸気で毛穴も開きやすくなっているので、顔のくすみや毛穴の目立ちが気になっている時には蒸気の効果を利用してフェイスケアもできそうです。お風呂をゆっくり楽しみたい時には保湿成分が配合された「クレンジング・洗顔料」もおすすめです。

 

 

フェイスパック

日帰り温泉で時間をかけてゆっくり体を温めるなら、「フェイスパック」も一緒にいかがでしょう。
クレンジングや洗顔料で顔の汚れを落とすだけでなく、お風呂の蒸気を活かして乾燥しがちな肌にしっかりうるおいを与えましょう。肌の乾燥は、乾燥肌の方だけでなくオイリー肌の方も知らず知らずのうちに乾燥していることがあります。
「フェイスパック」、フェイスシートの中にはお風呂で使えないアイテムもありますので、購入時に注意が必要ですが、お風呂で使える「フェイスパック」やフェイスシートなら、お風呂に入る時間を利用してスペシャルケアもできるのでおすすめです。

 

 

ヘアマスク

日帰り温泉には、シャンプーやコンディショナーが用意されている施設もありますが、せっかくなら「ヘアマスク」などを持参して髪のスペシャルケアもしてみてはいかがでしょう。最近は週1回の利用で髪にツヤを与えるリーズナブルな「ヘアマスク」が販売されています。シャンプー、コンディショナー、ヘアマスクが1本でできるクレンジングコンディショナーという商品も販売されています。ヘアケアアイテムにこだわりたい方はこちらもおすすめですよ。

 

 

ヒゲソリ・顔そり

「ヒゲソリ・顔そり」を持たずに日帰り温泉を訪れる方も多いと思いますが、ゆっくり体と髪を洗うと今度は男性ならヒゲ、女性なら産毛が気になるのではないでしょうか。家に帰ってからはつい忘れてしまったり、後回しにしてしまったりすることもあると思います。洗い場で体や髪を洗う時にあわせて、ヒゲソリや顔そりをして小ざっぱりしましょう。

 

 

コンパクトヘアアイロン

ドライヤーが設置されている日帰り温泉は多くありますが、女性の場合には、「ヘアアイロン」を使われる方も多いと思います。「ヘアアイロン」には、コードレス式や充電式の携帯にも便利なヘアアイロンがあります。ヘアスタイルを気にされる方は忘れずに用意したいですね。

 

 

ヘアブラシ

「ヘアブラシ」も忘れやすいアイテムの1つです。日帰り温泉へ行くためにあれもこれもと準備をしていると荷物が多くなってしまいますので、普段のバッグにも携帯できるようなコンパクトサイズのものがおすすめ。最近は髪をとかすだけでツヤの出る「ヘアブラシ」も販売されていますよ。

 

 

整髪料

髪を乾かす時に、ヘアクリームなどの「整髪料」を使わないと髪が乾燥したり、ダメージを与えてしまったりすることもあります。女性なら髪ができるヘアクリーム男性の方も「整髪料」を持って日帰り温泉へ出かけましょう。

 

 

保湿クリーム

温泉の泉質の中には、体の汚れを落とすため入浴後に肌の乾燥が急速に進む泉質もあります。お風呂上りには肌を乾燥から守るため保湿成分の入った「保湿クリーム」などで保湿ケアをされると良いでしょう。また顔にはオールインワンジェル、体にはボディクリームと別々に用意されるのも良いですよ。

 

 

ツメキリ

普段から気がつくとツメが伸びていることはありませんか。お風呂上りには、ツメが柔らかくなっていますので、お手入れもしやすくなっています。女性の方は休憩をしながらネイルケアなど時間を有効に使われてはいかがでしょうか。

 

 

ビニールバッグ

「ビニールバッグ」は、濡れたタオルや着替えなどを入れるのに便利です。また乾かせば繰り返し使える利点もあります。100均で販売されているもので構いません。100均にはサイズ違いのビニールバッグがセット販売されているお店もあります。ナイロン袋は他の人と間違える可能性もありますので、お気に入りのナイロンバッグを用意し、目印などを書いておくとより良いでしょう。

 

 

バッグ

温泉用のアイテムを1つのバッグにコンパクトにまとめられると出かける時はもちろん、日帰り温泉でも忘れ物をしにくくなります。ジム用バッグなどメインの荷物の下にシューズを入れられる「バッグ」もあります・鍵のない下駄箱の施設では、靴を間違って履いて帰られることもありますので、ビニール袋に靴を入れてからシューズスペースに入れておかれると良いでしょう。そのほかにも水分を含んだものや着替えた衣類を入れることもできますので便利です。

 

 

日帰り温泉でゆっくりリフレッシュしよう!
日帰り温泉でリラックス

日帰り温泉へ出かける時におすすめのアイテムの紹介はいかがでしたか。
意外と温泉に入ってから忘れ物やあれもあると良かったなと思うことが少なからずあると思います。
温泉へ出かける前に、ぜひこのリストを活かし自分なりのリストを作ってみるのもおすすめです。
日帰り温泉で心も体もリフレッシュしてください。

お知らせ一覧へ戻る

常連さん必見!
\やまとの湯のお得な情報が定期的に届きます/

友だち追加

サービス

温泉 お食事
マッサージ アカスリ ネイル・まつげエクステ カットサロン
館内地図 よくある質問

▲ PAGE TOP