【草加やまとの湯コラム】今すぐ銭湯・サウナに行きたくなる!お風呂本まとめ

みなさんサウナはお好きですか?温泉やスーパー銭湯に行くと、時間を忘れてついついサウナでゆっくりしちゃいますよね。大量の汗をかくと本当に気持ちが良いものです。サウナには、基礎代謝の改善やダイエット効果、冷え性改善や美容効果など、とても多くの効果・効能が期待できると言われています。そんな、多くの魅力が詰まったサウナですが、入る前のマナーや効果的な入浴方法ってご存知ですか?

今回は、サウナデビューを考えている人やサウナビギナーの方、サウナにはよく入るけど知識を蓄えたいとお考えの方向けに『今すぐ銭湯・サウナに行きたくなる!お風呂本まとめ』の記事をご紹介したいと思います。筆者オススメのポイントも併せてご紹介しています。ぜひ、今回ご紹介する本を使って、サウナの知識を習得してみて下さい。

 

女性にうれしいサウナ

 

 

『はじめてのサウナ』

リトル・モア (2018/3/12) タナカカツキ著

『はじめてのサウナ』は、サウナ愛好家でもあるタナカカツキさんによる書籍です。タナカカツキさんと言えば、日本サウナ・スパ協会公認のサウナ大使でも有名。まるで絵本のような、女性目線で書かれた内容が特徴的です。

・オススメのポイント

サウナ初心者にも分かりやすいよう、「時代は空前のサウナブーム、たくさんあるサウナの健康効果、サウナっておじさんの趣味じゃないの?」(はじめてのサウナより引用)などの、カテゴリーでサウナの基礎から効果的な入浴方法までが紹介されています。文字だけじゃ飽きてしまう!という方は、こちらの書籍をオススメします。

 

『サウナの教科書 大人のたしなみシリーズ 学研ムック』

学研パブリッシング (2015/7/2) ゲットナビ編集部

サウナの正しい入浴方法や手順、マナー、医学的効能など、サウナのイロハが詰まった一冊です。また、著者オススメの“絶対に訪れるべき全国の名サウナ”をドドンと一挙50軒紹介。サウナの種類や温度、広さ、収容人数、ロウリュの有無、宿泊スペースの有無など、これだけあればサウナの全てが分かる一冊です。

・オススメのポイント

こちらの書籍の特徴は、約25%がサウナの知識、約25%が読者インタビュー、残りの50%が全国の有名サウナの紹介となっています。入門編の書籍とは言え、サウナについての知識が網羅された一冊です。ぜひ、サウナについて詳しく知りたい方は読んでみてください。

 

『Coyote No.60 SAUNA for Beginners』

スイッチパブリッシング (2016/11/15)

サウナの本場フィンランドを始め、エストニア、リトアニア、日本、アメリカ、メキシコなど、世界各国のサウナ事情をまとめた一冊です。世界の定番サウナから珍しい進化系サウナ、海外でサウナに入る際の心得までが、かなり詳しく描かれています。

・オススメのポイント

海外のサウナ事情についてかなり詳しくまとめられています。特にサウナの本場フィンランドのサウナ事情に関しては、深く描かれています。海外のサウナに行ったことがある方は、共感できるポイントがたくさん散りばめられていますよ。海外サウナについて詳しく知りたい方にオススメの書籍です。

 

『サ道』

パルコ (2011/11/28) タナカカツキ著

『はじめてのサウナ』の著者、タナカカツキさんによる、サウナ好きのサウナ好きによるサウナ好きのための書籍、それが『サ道』です。
サウナの本質に迫ったこちらの書籍は、「なぜ人はサウナに行くのか?サウナ内でどうやって楽しんでいるのか?」(サ道より引用)など、サウナにまつわる疑問を著者の体験から分かりやすく解説しています。

・オススメのポイント

漫画タッチで描かれているこちらの書籍は、飽きることなく最後までスラスラと読み進めることができると評判です。サウナの基礎知識はもちろん、サウナにまつわる疑問や、著者の体験談などが鮮明に描かれています。サウナ初心者や中級者まで、幅広い方にも楽しんでいただける一冊です。

 

『小学館ムック saunner(サウナー)』

小学館 (2014/3/7) saunner編集部

日本初のサウナ専門誌、それが『小学館ムック saunner(サウナー)』です。サウナビギナーはもちろん、サウナに通い始めている“サウナー”にはぴったりの一冊。フィンランド式のサウナの紹介や、マナー、入浴法、国内のオススメサウナなど、様々なカテゴリーでサウナを解説しています。

・オススメのポイント

こちらの書籍は電子版(Kindle版)なので、携帯やタブレットで読むことができます。そのため、通勤・通学中や、休憩中、ほんの少しの時間を使ってサクッと読むことができます。芸能界のサウナーも多数インタビュアーとして出演。オールカラーで構成されているので、汗と熱気が伝わってくる一冊です。

『サウナを作ろう:設計と入浴法の全て』

建築資料研究社 (1992/05) 沼尻 良 著

「私たちの持つサウナの知識には多くの間違いがあります」(サウナを作ろう:設計と入浴法の全てより引用)。この書籍を読み終わる頃には、今のサウナの常識が覆るかもしれません。サウナとはどういうものなのか?良いサウナとは?本当のサウナの楽しみ方は?など、ひと味違った角度からサウナのノウハウを伝授してくれる一冊です。

・オススメのポイント

こちらの書籍の驚くべきポイントは、サウナの具体的な設計図が記載されているということ。恐らく、ここまでサウナの構造に迫ったものは他にはないでしょう。
サウナを根本から解説、本場フィンランド式サウナと日本式サウナの違い、正しい入浴方法など、日本人が持つサウナへの常識を根底から覆す一冊です。


 

『フィンランドのサウナ:フィンランド人が教えるフィンランドサウナの全てヨコメンナーン(nelikko)』

ネリッコ; 1版 (2015/5/12)  Anna Maeda (著), Kiasa Lainea (著), Ken Maeda (著), Janne Lainea (著)

フィンランド人著者によるフィンランド式サウナの解説書籍です。カラー写真が豊富で、読み応えも抜群。人口500万人に対して、約300万ものサウナがあると言われているフィンランド式サウナの歴史や、古くからの習わし、サウナストーブの種類や伝統的なサウナまで、幅広い知識や情報が詰まっています。これ一冊で、フィンランド式サウナのことが丸わかり。フィンランド人のサウナ愛についても知ることができる書籍です。

・オススメのポイント

こちらの書籍は電子版(Kindle)限定のご購読となります。299円という驚きの低価格は、さすが電子版といった所でしょう。「この本を読んでフィンランドのサウナに行きたくなった!」と、多くの評価・評判を得ている一冊。フィンランド式サウナのことがギュッと詰まったこちらの一冊で、サウナの基礎を学びませんか?

 

『一個人 2月号』

ベストセラーズ; 月刊版 (2017/1/10)

こちらの書籍は、サウナの知識のみならず、入浴に関する全てを網羅した教科書のような一冊です。正しい入浴法、家で出来る季節湯、入浴剤の楽しみ方、銭湯・サウナの楽しみ方、日本人の入浴の歴史など、日々の入浴が楽しくなる知識が盛り沢山です。

・オススメのポイント

入浴に関する知識や情報がこれ一冊に凝縮されています。日本人がお風呂好きと言われる理由や日本人の入浴の歴史などは必見。日本で唯一の女性銭湯ペンキ師の紹介や、銭湯通が厳選した銭湯コレクションは、情報量満載です。必ずあなた好みの銭湯が見つかるはず。
ぜひ、銭湯・サウナに行く前に読んで頂きたい一冊です。

 

日々の疲れは「草加やまとの湯」で癒してみませんか?

サウナトリビア

サウナって本当に良いですよね。疲れたときには、サウナにゆっくりと入って汗を流す。この上ない贅沢です。ぜひ、今回ご紹介した書籍を参考に、快適なサウナライフを送ってみて下さい。

また、「草加やまとの湯」にも、様々な種類のお風呂、サウナがあります。ぜひ、お仕事帰りや週末などを利用して、友人や家族とゆったりとした時間を過ごしてみませんか?
サウナに入って日々の疲れを癒し、快適な生活を手に入れましょう。

お知らせ一覧へ戻る

常連さん必見!
\やまとの湯のお得な情報が定期的に届きます/

友だち追加

サービス

温泉 お食事
マッサージ アカスリ ネイル・まつげエクステ カットサロン
館内地図 よくある質問

▲ PAGE TOP