【草加やまとの湯コラム】日帰り温泉の疑問解決。妊娠時の温泉で注意することとは?

日帰り温泉やスーパー銭湯で色々なお風呂を楽しむことは、日々の疲れを癒しリラックス効果やリフレッシュ効果が期待できるので利用されている方も多いと思います。しかし、妊娠中の利用については迷っている方もおられるのではないでしょうか。今回は妊娠中の日帰り温泉やスーパー銭湯での利用や注意点についてお話したいと思います。

 

妊娠時のお風呂

妊娠中でも温泉に入れるの?

もくもく露天風呂

入浴施設によって妊娠中の入浴が注意書きされている場合もありますが、多くは施設内の事故を避けるためで、日帰り温泉やスーパー銭湯は体調が良ければ利用できるそうです。ただ利用するのは、妊娠初期を避け安定期に入ってからにしましょう。

安定期に入ると少しずつお腹も大きくなり、体のバランスがとりにくくなってきます。日帰り温泉やスーパー銭湯を利用する場合には、岩場の露天風呂など滑りやすい設備もありますので、注意が必要です。手すりがあれば利用し、なるべく濡れた場所を歩かないなど気を付けて利用するようにしましょう。また、よりお腹が大きくなる後期も足元が見えにくくなりますので、十分気を付けないといけない時期です。いつ陣痛が来るかということも考え、出産予定近くの入浴はやめておいたほうが良いでしょう。

 

妊娠中に避けた方が良い泉質は?

温泉には、単純泉、炭酸水素塩泉、硫黄塩泉などいろいろな泉質があり、それぞれ期待される効能があります。この中で、妊娠中に避けたほうが良い泉質はあるのか気になるところですね。特に温泉成分で入ってはいけないという泉質はないそうですが、妊娠中は肌が敏感になるため、刺激により肌トラブルが心配される硫黄の含まれる泉質は避け、なるべくなら単純泉と呼ばれる泉質を利用されることがおすすめです。

 

また、日帰り温泉やスーパー銭湯では、趣向を凝らしたお風呂が楽しめる施設も多くありますが、特殊風呂のジェットバスや泡風呂は音波を利用していること、電気風呂も体への刺激が強いので、やめておいた方が良いでしょう。そのほか薬湯湯も体に良さそうなイメージがありますが、皮膚に刺激のありそうな泉質は避け、「よもぎ風呂」など肌にやさしい薬湯湯がおすすめです。

 

妊娠中の温浴は問題ない?

妊娠時の入浴

 

妊娠中の「温浴」についてですが、妊娠中は血圧が高くなりやすい傾向にあります。妊娠中でなくてもお湯に浸かることで血圧が上昇しますので、妊娠中はより「のぼせ」やすくなるそうです。日帰り温泉やスーパー銭湯を利用される際にはあまり長湯にならないようにこころがけましょう。

また交感神経が刺激され、血圧が上昇しやすくなる42度以上の高温の温泉や沸かし湯、反対に30度以下の低温の湯や水風呂も、体が冷えるだけでなく子宮収縮の恐れもあるそうです。入浴する温泉やお風呂の温度には気を付けて利用をしましょう。

 

自宅での入浴を含めお湯に浸かると体が温まる「温熱」作用が期待されます。「温熱」作用により体が温まると冷えの緩和や発汗によるリフレッシュ効果も期待されます。さらに浴槽にお湯を溜めて体を浸かると体全体に「静水圧」がかかります。「静水圧」とは、お湯の水圧が体にかかることで血液やリンパの流れを活発にし、肝臓など内臓にも良い影響を与えると言われている圧力のことです。毎日体を支えている関節や筋肉は、重力に逆らって体を維持しています。浴槽に体全体を浸けると水の浮く力「浮力」により体が浮こうとするので、関節や筋肉にかかっている力が軽くなります。温泉に入るとリラックス、リフレッシュ効果を感じられる方も多いと思いますが、重力により関節や筋肉への負担を軽くする力が働き、その結果ストレス軽減、リフレッシュ効果が得られるのですね。

 

妊娠中、サウナは入っていいの?

普段、日帰り温泉やスーパー銭湯を利用しているとサウナを利用する機会もあるのではないでしょうか。妊娠中のサウナ利用については、体調の良い時であれば短時間であればサウナを利用してもかまわないそうですが、お腹を温めすぎたり、「のぼせ」につながったりしやすいこと、肌も敏感になりやすくなっていますので、なるべく避けたほうが良さそうです。もしサウナを利用するなら短時間の利用にしましょう。

 

そのほか、妊娠中の日帰り温泉で気を付けた方が良いこと

日帰り温泉やスーパー銭湯では、大勢の人が利用するため浴槽での感染症も心配です。日頃から日帰り温泉などでは、塩素消毒をされておりレジオネラ菌などが繁殖しにくい環境整備がされています。
感染症にかかりにくい管理がされていますが、湿度の高い部分はどうしても繁殖しやすくなるため、洗い場のイスは洗い流してから座ること。また、浴槽のふちについ腰をかけてしまうことがありますが、それも衛生面を考慮すると気を付ける方がよいでしょう。また、いろいろな人が利用する温泉施設では、風呂上りに下半身を流してあがるようにすると良いでしょう。感染を防ぐため長湯の利用は避け、できれば日帰り温泉やスーパー銭湯がオープン直後の時間の利用、個室があれば個室の利用がおすすめです。

 

なお日帰り温泉を利用される場合には、万が一体調を崩した時のことを考え、1人ではなくお友達や家族など数人で一緒に利用されることをおすすめします。

その他、妊娠中でなくてもお風呂に入ると体内の水分蒸発が著しく起こりますので、入浴前と入浴後の水分補給は忘れずにしましょう。

 

まとめ

妊婦の入浴

おさらいをしてまとめますと、

・日帰り温泉やスーパー銭湯を利用される場合には、妊娠初期と出産予定日近くの入浴はさけ、泉質に気を付け乾燥しやすくなっている肌にトラブルのおきにくい泉質を選ぶようにしましょう。

・浴室内では、体を洗う時に使うイスをざっとシャワーで流してから座ること、浴槽のふちに腰かけないようにすること、長時間の入浴は避けるように気を付けましょう。

・体のバランスをくずし転倒の恐れがありますので、足元には十分注意して手すりなどを利用しましょう。

・ジャグジーや電気風呂の特殊風呂、体を冷やす恐れがある水風呂は避け、ゆったりとお湯に浸かってリフレッシュすることを楽しみましょう。

・入浴後は、せっかく温泉で温まった体が冷えないよう体をしっかり拭いて、髪を乾かし、衣衣類も冷えないような服装にすることが大切です。

・肌も乾燥しやすくなっていますので、ボディクリームを塗ったり、スキンケアクリームを塗ったりして保湿し、肌が乾燥しないように心がけましょう。

妊娠中は特殊風呂など利用できない設備もありますが、大きい浴槽はゆったりとした気分で入ることができ、体はもちろん気分のリフレッシュにもつながります。体調と相談し体調の良い時には、日帰り温泉やスーパー銭湯を利用してゆっくり体のコリをやわらげましょう。リラックスすることで精神的にも良い効果が得られそうです。

 

入浴後もゆっくりくつろげる「草加やまとの湯」でのんびりしよう♪

露天風呂

「草加やまとの湯」は、7種類の趣向を凝らしたお風呂が楽しめる日帰り温泉です。「美肌の湯」と言われる地下1,000mから汲み上げた「房総温泉さとの湯」が楽しめる露天風呂もあります。またゆっくりお風呂で体を温め、リフレッシュした後は、館内にある休憩室でのんびりしたり、食事処でごはんを食べたりできます、多彩なお風呂だけでなくゆっくりくつろげる設備が整えられていますので、日々の疲れを癒したい時にもぴったりの日帰り温泉です。館内にはキッズスペースもありますので、小さなお子様がおられるファミリーの方にもおすすめですよ。お父さん、お母さんはもちろん、お子様の気分転換やリフレッシュにもぜひ利用をしてみてくださいね。

 

 

参考
日温気物医誌第 77 巻 3 号 2014 年 5 月『質問紙調査に基づく、妊婦の入浴習慣と妊娠経過への影響』中山 毅
産婦人科の基礎知識
ニンプス
【安産のしおり】ママと赤ちゃんの出会いを助ける支援サイト

お知らせ一覧へ戻る

常連さん必見!
\やまとの湯のお得な情報が定期的に届きます/

友だち追加

サービス

温泉 お食事
マッサージ アカスリ ネイル・まつげエクステ カットサロン
館内地図 よくある質問

▲ PAGE TOP